顔を触る人

小さな顔になるためには

ウーマン

憧れのフェイスラインへ

小顔になりたいという女性は、女性の中で約8割りを占めると言います。それくらい、小顔は女性の永遠のテーマであり憧れですよね。美しくシャープなフェイスラインは、顔の各パーツ以上に、ルックスの完成度に差をつけます。小顔になるために、様々な方法がメディアで紹介されてきましたが、あなたはどのような方法を行ってきたでしょうか。美容機器などの美顔ローラーなどで、入浴中にマッサージをしたり、かっさで顔をぐいぐいとマッサージしてみたりといろいろと試してみたことでしょう。ここで紹介するのは、もう少し手軽な方法です。美容整形というと、「顔を変える」といった少しとっつきづらい印象もありますが、最近の美容医療では以前に比べて急激に進化しており、メスを入れずに小顔になれる「プチ整形」のようなものも増えています。特に女性に人気の美容整形ですが、小顔になりたいのは女性だけではありません。最近では美意識の高い男性も小顔になりたくて、美容整形をする時代なのです。では、美容整形で小顔になるにはどんな方法があるのでしょうか。一つは「ボトックス注射」です。顔の筋肉に注射をして、筋肉をリラックスした状態にして細くするので小顔になります。これは数分で終わる施術ですから、手軽にできるので人気があります。ただし、効果は自然と数ヶ月で薄れていくため繰り返し行う事が必要です。施術の際には主治医と施術の流れやアフターケアまでしっかりと説明を聞いて、経験のある医師にお願いしましょう。小顔になるためには、「顔の脂肪を減らす」「筋肉のエラをなくす」「皮膚のリフティングアップ」「骨格を削る」などの方法があります。上にあげたボトックスは筋肉を緩める効果ですが、直接的に働きかける方法は「フェイスリフト」です。この方法はアンチエイジングや若返り効果もあり、耳の周りや髪の生え際などの目立たない部分を切開して、皮下組織を剥離して、リテイニングリガメントを切離した後に、SMASを引き上げてリフトアップします。何歳からでもできる施術で、頬がたるんでしまったり、二重顎になってしまっている方は劇的に小顔になります。また、切開することに抵抗がある方は「ウルセラシステム」といった切らない方法もあります。これは、痛みを軽減する手法で、肌を冷却振動させることで、痛みを緩和する手法です。皮膚の下にある筋膜を局所的に収縮させ、たるみを改善する「治療器」になります。いずれも、クリニックでの施術になりますので、きになる方法があれば、相談に行きましょう。