プチ整形を利用して小顔になろう|施術の違いを事前にチェック

美容整形で小顔に変身 今からでも可愛くなろう

今までとは違う自分に

レディ

スタイル良く見える、キレイ・可愛く見える人たちの共通点は小顔だということです。しかし美容整形であれば小顔になれる方法はいくつもあり、メスを使わない施術もあります。ただし、自分に合う整形方法を見極めるという点には注意が必要です。

小さな顔になるためには

ウーマン

小顔は女性の大半が憧れており、小顔になるためには美顔器を使うほか、美容整形などでもできる時代になりました。方法は「ボトックス注射」や「フェイスリフト」「ウルセラシステム」などです。それぞれの特徴を理解して憧れの小顔を目指しましょう。

おススメはプチ整形

カウンセリング

ボトックスと超音波が人気

顔の大きさをコンプレックスに感じ、美容整形を考えている人は多いようです。しかし、小顔整形の方法は色々あるため、初めての人は迷ってしまうことでしょう。そこで、初めての小顔整形のために、知っておくべき事柄をご紹介します。まず、小顔整形を初めてする人は、メスを使った大掛かりな整形施術ではなく、簡単にできるプチ整形をお勧めします。骨を削る小顔施術は、どんなタイプの顔も小さくできる施術ですが、手術時間やダウンタイムが長く、仕事を休まねばならない場合もあります。また、一度施術したら元に戻すことができないので、覚悟をもって行う必要があるからです。その点プチ整形は、注射一本で小顔になれるうえ、施術時間やダウンタイムも短く、日常生活に支障もありません。施術を受けたその日のうちに、仕事に復帰することも可能ですし、メイクもできます。小顔のプチ整形の中で、最も人気なのは、ボトックス注射と超音波治療です。ボトックス注射は、エラが張って顔が大きく見える人に適した施術法で、レーザー治療は皮膚のたるみによって顔が大きく見える人に適した施術です。ボトックス注射の効果は、半年から1年間続くのが一般的で、効果が切れる前に打ち直す必要があります。仕上がりが気に入らなければ、6ヶ月で元に戻るので、時間が経つのを待てばよいだけです。仕上がりが気に入ったなら、半年に1回のペースで打ち続け、3回ほど続けると、エラが小さくなったまま、元の大きさに戻らなくなります。超音波治療は、たるみの気になる部分に超音波を照射し、肌の内部のコラーゲンに熱を与えて収縮させ、たるみ解消を実現する方法です。縮んだコラーゲンは、修復するために活性化するため、肌に弾力が蘇り、リフトアップ効果が得られます。超音波治療も、効果は半年から1年ほど続き、効果を持続させるためには、定期的に施術を受けねばなりません。そして、ボトックス注射も超音波治療も、施術直後に効果が現れるのではなく、ゆっくりと時間をかけて変化していきます。劇的に小顔になるわけではないので、周囲の人に美容施術を受けたことがバレにくいというメリットもあります。周りに気付かれずに小顔になりたい人に適した方法といえます。メスを使った施術を受ける前に、プチ整形でどんな感じになるか試してみるのも良いでしょう。初心者だからと言って、お医者さんの意見を鵜呑みにするのではなく、自分でも小顔の施術方法を調べ、カウンセリング時にきちんと質問することが大切です。

憧れのフェイスライン

医者

美容整形における小顔治療には様々な方法があり、その費用にも差があります。例えば、たるみを取るレーザー治療だと10万円程に、エラ張りのボトックス注射だと2万円前後、アゴの脂肪吸引及び再注入で約30万円程となります。

人生が変わります

頬を触る人

小顔になりたいと感じた時、自分自身にはどの方法があっているのかをまず見つけましょう。なりたい自分になれると人は前向きになり、自然と輝き出します。そんな楽しい毎日を手に入れるためにもプロの力を借りるのは大正解です。